Blog&column
ブログ・コラム

ローコスト住宅と高性能住宅はどちらがお得?

query_builder 2021/03/15
コラム
various-home-house-houses
家を建てる時、費用と快適性とのバランスは非常に気になりますよね。
ローコスト住宅は安く家を建てることができますが、高性能住宅にも快適性という大きな魅力があります。
一体どちらがお得なのでしょうか。

▼ローコスト住宅と高性能住宅の違い

ローコスト住宅は、その名の通り比較的安い費用で建設できる住宅です。
高い断熱性や太陽光発電などの設備はありませんが、基本的な住環境としては十分な機能があります。

反面、高性能住宅は高い断熱性、耐震性、太陽光発電などの省エネ対策も施された状態で建設されます。
ただしその分初期費用は高くなります。

■家には「見えない費用」もある

初期費用だけ見ると、基本的な住宅としての機能を備えたローコスト住宅のほうが断然お得です。

しかし家には、生活に伴う「見えない費用」もあることを忘れてはいけません。
毎月の光熱費や定期的な修繕費など、建設時には発生しなかった費用が継続的にかかりますよね。

この部分も踏まえて、ローコスト住宅と高性能住宅どちらを選ぶかは、綿密に精査する必要があります。
例えば寒冷地などでは、断熱性が低い家の場合、冬場の光熱費が非常に高くなります。
元から高性能住宅にしておけば光熱費が節約できるかもしれません。

保険料や税金についても、高性能住宅には軽減措置を受けられる場合があるため、長い目で見た時にローコスト住宅よりも維持費用が低くなる可能性もあります。

▼まとめ

ローコスト住宅と高性能住宅の費用対効果のバランスは、お住まいの地域によって異なります。
もし一人で考えるのが難しい場合は、その地域事情に詳しい建築会社に相談し、アドバイスを受けると良いでしょう。
納得いくまで検討を重ねて、最も良い家を建ててくださいね。

NEW

  • 輸入住宅の外壁塗装工事完了!

    query_builder 2020/11/06
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/10/22
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/10/22
  • エクステリアDIYにおすすめのアイテム

    query_builder 2020/10/20
  • 洋風のエクステリアに使いたい素材

    query_builder 2020/10/20

CATEGORY

ARCHIVE